スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アスペクトとフェーズの別について

以下に転記するのは、2ちゃんねるオカルト板、魔術結社G∴I∴K∴O∴第31スレッドより抜粋した投稿内容である。

以下の内容は、閲覧者自身の判断において利用されたし。

以下の内容で発生したいかなる不都合の責任も、閲覧者自身が負うことを了承されたし。

以下の内容の商業利用に関しては、2ちゃんねるの運営方針に準拠されたし。

以下転記。
852 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/21(土) 01:23:54 ID:ThvPhP7V0
呼吸法っていうのをやってみたら体が熱くなったんですけど
これでやり方って合ってるんですかね

853 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/21(土) 11:05:02 ID:gLPgdUzB0
あってるよ

854 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/21(土) 17:40:14 ID:+pbvwU4e0
無理をしないこと
あと、過呼吸には気をつけよう

855 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/21(土) 22:45:45 ID:ThvPhP7V0
どうも

856 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/21(土) 22:49:03 ID:gLPgdUzB0
俺小学4年生から魔術始めたよ
お前らは?

857 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/21(土) 22:59:42 ID:kcPkoKt7O
あたし7歳だけど性魔術の権威だよ。

858 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/22(日) 17:21:54 ID:z5hueH7L0
誰か「魂」と「霊」と「体」の区別についておもしろい考察してある書籍を紹介してくれない?
こないだからボンヤリと調べているけれどなかなかみつからなくて。やっぱり1次ソースは活字じゃないとだめだなあオレは

「霊」のシニフィアンのpneuma、ruach、spiritus、pranaはどれも原義として「息」を意味し
「魂」を示すpsyche、nephesh、animus、atmanが上位構造の「魂」を表わしている
上位というのがナニを意味してるのかはわからんけど。東洋文化圏での「気」はruachにあたるんだろうな

霊魂の区別はキリスト教文化ではごく当たり前だけれども、極東の田舎モノにはさっぱりプーで
ここらへんを勉強しようとするとグノーシスを1からやり直さないといけないね

で、結局「魂」ってなあに?

859 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/22(日) 17:36:42 ID:l3JPbjjp0
こまけぇこたぁいいんだよ

860 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/25(水) 03:59:56 ID:CYfHQ11j0
そもそもガバラーの生命の樹の中央の柱のセフィロトって
右側の陽性の柱(慈悲の柱)と左側の陰性の柱(峻厳の柱)のセフィロトと比べると主張が弱いよな。

まずケテルは根源的状態だったがこれに
コクマー(知恵)とビナー(理解)の三角バランスで
知的のトライアングル 至高の三角形、ロゴス の形になれた。
んで次にケセド(同化)とゲブラー(異化)で中央はティファレト(均衡)になった

左右の自己主張の強い柱と比較すると 中央の柱は左右言ってる事を聞き入れて公平判断する公平無私だから
左右と比較すると特に強い主張は無いし 均衡する以外に特に意味はなさそうだな

861 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/25(水) 04:01:10 ID:CYfHQ11j0
倫理の三角形入れるの忘れたw

862 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/25(水) 08:00:05 ID:DObTMQx30
・・・中性洗剤に中性以上の意味がなかったら大変だな

863 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/25(水) 14:35:21 ID:qwS/PtI60
>>858
霊と肉のあいだにあって媒介するのが魂。決して上位構造ではない

864 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/25(水) 15:59:59 ID:PY99+bJi0
ヘレニズムの古代哲学ではプネウマは魂と肉の中間に位置づけられるが
キリスト教文化では聖霊の働きを尊ぶせいなのか
プネウマが上位の位置づけになるという捻れ現象

基本は
プシュケ=個の本質・本源 脱魂や転生の主体
プネウマ=息のように出たり入ったりする、超個的で流動的なもの

とすればプネウマのほうが
より普遍的でメタフィジカルな概念に発展する余地があるのかも

グノーシス派ではプシュケ=理性 プネウマ=情念という位置づけ
聖書では聖霊もプネウマだし人間に取り憑く精霊もプネウマだし
プネウマって言葉は振幅大きすぎ

865 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/25(水) 16:04:04 ID:PY99+bJi0
すまん逆だった

×グノーシス派ではプシュケ=理性 プネウマ=情念という位置づけ
○グノーシス派ではプネウマ=理性 プシュケ=情念という位置づけ

866 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2010/08/26(木) 04:41:00 ID:cYV5k/XKQ
あるスレにアストラル体投射のやり方が載ってたんだが真実か嘘か見極めたい

ネットで調べはしたんだが
光体を作ってどうすればいいのかが載っていない 光体を作る技法がアストラル体投射って事?

867 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/26(木) 20:32:09 ID:OWDqM/zF0
>>958
例えば自分がある行動に走る原因(その行動に至るイメージ、衝動)の原因、が魂と言えるんじゃない
あるいは国という肉体に対して人民が霊であり、王が魂である
または顕在意識に対しての超越意識
より正確に言うならやっぱりティファレトであるという表現が良い、と思うのはGD系を学んでるからかもしれない
どちらにしろこの例えが適切がどうかは知らんが
カバラ関係の書物読めばいいよ、もう読んだのだろうけど
上位という意味は、より強い生命である、というとこかね
または、よりケテルの正確な顕現であると言うところ?

>>860
個々のセフィラを単独で見すぎじゃない?
静と動は目につくけどセフィロトは連続的であって中央の柱は峻厳と慈悲の現れであり
むしろ峻厳と慈悲を中央の柱の構造物と見たほうがいいっていうかそういう見方もある
物語的に言うなら登場人物で
慈悲深い女性も戦場の覇者も目立つけどやはり主人公は世界を救う英雄ってとこでは

868 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/26(木) 20:32:43 ID:zuQghGcJ0
>>866
コレ読め。
ttp://www.amazon.co.jp/dp/4862041159/

真実かどうか見極めたいなら自分で実践してみろや ( ・ω・ )q
つーか、この程度の事も自力で情報収集できないって……
日本の未来が心配だな

869 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/27(金) 05:15:00 ID:ebtEQYac0
まあそう煽るなよ

870 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/27(金) 06:54:32 ID:QiRL8nHM0
自分で資料を探そうともせずに分からなくなったら2chで質問なんていう
怠け者にも呆れたものだがな。
はっきり言って見込み無いだろ、そういう奴は。

871 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/27(金) 07:13:40 ID:8eQJZoRR0
懐かしい空気だ。新鮮味を感じるよ

872 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/27(金) 07:59:11 ID:d5mXSiXu0
まぁ、いつものカンジだよね

873 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2010/08/27(金) 08:57:08 ID:ohGkvGHqQ
実践魔術の分野はあまり語られてないみたいですね・・・
スレチごめん

874 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/27(金) 11:24:36 ID:gMlhofFg0
小難しい学術論議だと静かに息を潜めているが、自分でも叩ける初心者をみつけると喜んで出てくる小達人たち

875 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/27(金) 12:44:32 ID:8eQJZoRR0
>>867
なるほど、
中央はピンと来ないけど、中央の方が重要な存在価値の意味があるってことか
しっかし陰と陽の各セフィロト+マルクトの意味っていうのが かなりピンと印象にのこった。
というのも俺が四大元素の抽象概念(占星術や小アルカナ含む)とそれぞれのエレメントの共通点を知った上でカバラの樹を見たからなのだろうか?

個人的な各セフィロトの捉え方
コクマー…陽・火の象徴であるエネルギー ビナー…陰・地の象徴である形 ケセド…愛・水の同化作用 ゲブラー…争い・風の異化作用
ネツァク…火と水の共通点っぽい(拡大につながる抽象的な筋) ホド…地と風の共通点っぽい(誰が見ても分る具体的な形の形成) マルクト…現実

876 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/28(土) 00:57:55 ID:OprRtOTu0
>>875
捉え方について深く突っ込む気は無いけど元素からセフィラを見るのはやめたほうが良いかもね
元素に隷属するから、とまではいわないけど視点がおかしい
ビナーを水の根としたりケブラーを火とすることもあるしね
あるいはマルクトには四元素当てはめられるけど地だけで見ることもできる

むしろ自分が扱いにくいセフィラを自分の足りないもの、未活性のものと捉えるべきだっていうのはバトラー氏の著書に見たような
ビナーについて把握できなかったがある時、試練であり、また安定を与えてくれるものであると知ったとかいう記述があった
>>875の記述だけでみるなら夢と希望が無い、というより根本的な自己が足りないっていう読み方ができる

877 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/28(土) 01:43:19 ID:3J/VDnM70
地だけ? それって三元素が凝固した結果よなw

878 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/08/28(土) 02:14:14 ID:dfWfGbPJ0
>>876
たしかに、
元素でとらえたら本来のそのセフィロトがあらわす元素とゴッチャになってわけわかめになるし
これはあきらかに自己マニュアルに従った捉え方だと分った。
次に深読みする場合はまともな捉え方をするよ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。