スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗記について

以下に転記するのは、2ちゃんねるオカルト板、魔術結社G∴I∴K∴O∴第31スレッドより抜粋した投稿内容である。

以下の内容は、閲覧者自身の判断において利用されたし。

以下の内容で発生したいかなる不都合の責任も、閲覧者自身が負うことを了承されたし。

以下の内容の商業利用に関しては、2ちゃんねるの運営方針に準拠されたし。

以下転記。
674 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/22(木) 10:21:19 ID:GmdQXav40
ソロモンの小さな鍵とか悪魔喚起を題材にした小説を探しているのですが
誰かご存知の方いませんか?
よろしければ教えてください

675 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/22(木) 10:29:58 ID:6ySTKYLO0
アタマの中で小説みたいにゲーティア妄想してる厨房ならいくらでもいるよ。

676 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/22(木) 20:50:07 ID:pLWocAFiP
素朴な疑問。
魔術の呪文って凄い長いの多いじゃないですか。
しかもラテン語だったり。
例えば「生まれざる者の儀式(だっけか?)」
アルシアオレイベトアセルベルセスうんたらかんたら~ってやつとか
アルマデルの書の天使の召喚のラテン語の長い呪文とか、
みんな暗記して暗唱してるんですか?
長年の謎です。
答えてくれたらありがたいです。

677 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/22(木) 21:02:33 ID:pLWocAFiP
あと一つ素朴な質問です。
このスレにいる人たちって年齢いくつくらいなんですか?
自分は20代の若造ですが、
詳しいかたや議論してるかたは40代以上なのかなと思ってます。

678 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/22(木) 21:32:13 ID:ca1eezYh0
>>676
暗記。
舞台役者が覚えなければならないセリフに比べたら楽勝だろ。

679 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2010/07/22(木) 21:35:15 ID:UJKMClum0
仲いい小箱のクラブに平日用事で行ったらハードミニマルのイベントをやっていた。
もちろん身内イベだ。客?は7~8人。
バーで店員と下らない事を喋ってたら、「DJの人っすか?w」と、オタクっぽい奴に媚びるような笑顔で話かけられた。少し緊張しているようだ。
適当にあしらい、フロアを覗きにいったが、5、6以上年前?に聴いたような早くて激しくてうるさい音。
踊っている、というかブースの至近距離で棒立ちになりニヤニヤしながら首を上下に振っているオタっぽい奴が3人。フロアにはそれで全部。
「まあ平日だし仕方ないよな」と思いながら見ていたが、DJの奴はノリノリで、ミキサーのツマミをいじりながら激しく首を振り、のけぞったりしている。
DJがのけぞるたびにフロアの棒立ちくんの顔には笑みが広がり、手をあげている奴もいる。「きたきた(笑)ベイヤー来たよ(笑)」という声が上がった瞬間、俺はもう無理だと思った。



680 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/22(木) 22:12:32 ID:QuiTeU0v0
自己啓発の本なんかはよく読むんですが、
魔法入門は頑張って読んでも全然頭に入らないし、
2時間位かけても三十ページくらいしか進まないのですが、
なんとかならないでしょうか?
ある程度の努力はつきものなんですかね・・・

681 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/22(木) 22:16:29 ID:aRhcAvNW0
>>676 >>677

以下はあくまで個人的な見解だけど。

記憶のプロンプターを追うのと手元のアンチョコを読むことは本質的な違いはないと考えるから、
ラテン語など言語として意味を追えるものはアンチョコを読んでも可。
キリスト教会でも読んでるでしょ。基本はキッカケだけで、後は体で覚えてるものがでてくる訳だけど。
とはいえ召喚儀式で一人称のセリフはやっぱ覚えておくほうがカッコいいだろなw

Barbaroul nameとか異言の類いはちょっと話が違ってきて、これは発話の身体感覚が全てな訳だから
体で覚えて犬が吠えるように唱えるのが吉。エノク語は微妙。

個人的にはBarbarous nameやエノク語も、アンチョコをMagickal mirrorのような没入の対象にしてしまえれば、
それでもいいとは思う。そんな30後半過ぎ



682 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/22(木) 22:39:28 ID:2n20fRYx0
>>676
生まれ無き者の儀式は暗記必須。
>>681も言っているようにBarbarous Words of Invocationは考えて発音したら駄目。
予備召喚に使うfomulaとしてもっと長い儀式に組み込まれるものなので
1セット完全に覚えるべし。

基本は丸暗記だけど、普通の台詞が多い長い儀式はアンチョコ有りでも良いと思うよ。

不惑を過ぎてもなお惑うおっさんの意見です。

683 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/23(金) 00:04:37 ID:7bcf3Y6b0
>>680
ここで外山滋比古なんて紹介したら罵倒されるかもしれないけど、アルファ読み、ベータ読みという考え方がある

すでに知ってる内容を再び補強する、あるいは整理するような読み方をアルファ読みという
既知の話だからスイスイ読み進められて、しかも少しは新しいことを学べるから、アルファ読みは楽しい読書になる

それにたいして未知の概念を噛み砕きながら読み進める方をベータ読みといって
学童や若いひとが手にする教科書、難解な学術書、あるいは簡単な内容でもまるで自分の守備範囲外の書物などを
読むときのことを指す。ベータ読みは辛く苦しく何度も何度も読み返さなくてはならない

歳をとるほどこのベータ読みからアルファ読みに切り替わっていって、楽な読書を選ぶようになる
(そして自分が知ってる内容の本ばかり読んでいるのに気づかず、世の中を分かったつもりになる)

おもうに、魔術の本はひたすらベータ読み指向な著述がされてるから、しんどいのかもしれない

684 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/23(金) 00:16:02 ID:oFgvN0r70
まぁでも、結局同じじゃん

まったき永遠なるものをどうこうしようずって話であって
切り口の違いでしかない

実践はまた別の話だし
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。