スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白と黒について

以下に転記するのは、2ちゃんねるオカルト板、魔術結社G∴I∴K∴O∴第31スレッドより抜粋した投稿内容である。

以下の内容は、閲覧者自身の判断において利用されたし。

以下の内容で発生したいかなる不都合の責任も、閲覧者自身が負うことを了承されたし。

以下の内容の商業利用に関しては、2ちゃんねるの運営方針に準拠されたし。

以下転記。
548 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/05(月) 17:19:05 ID:n+jIVGdV0
七夕にしかできないことってあるだろうか
この季節になるといつも考えるけど結局短冊飾るだけで終わってしまう

549 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/05(月) 17:37:34 ID:X0pJRh/C0
せめて短冊にはシジルを書くんだ!

550 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/05(月) 17:54:40 ID:h9FCDcNY0
そういえばGDの初級だとベガやアルタイルを生命の樹に分類しないなあ。

内陣になると教わるの? 主要な恒星の小径。

551 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 03:24:15 ID:h9F/foiE0
 >>205
 
 古い話しで恐縮ですが、
 薬を飲んで幻覚を見た人の周りでは、
 誰も彼が幻覚を見たことを立証できて
 いませんが、世間ではある種の薬を
 使えば幻覚が起きるとされています。
 
 これには、どう否定なさいますか。

552 名前: 551 [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 03:28:47 ID:h9F/foiE0
失礼しました。
205 さんへのレスではありません。
すいません。

553 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 10:40:30 ID:FV97wQn6O
>>551
薬によって、人が幻覚を見る可能性があるということが問題。
彼が幻覚を見たかどうかは、肉体的、精神的な健康状態などの外生変数によっても変化する。

一つの事象はただ一つの作用によってもたらされるとは限らない。


質問に答えてない気もするけどね…

554 名前: 551 [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 15:34:13 ID:w6IKkmcY0
少し興奮して書きすぎて分からなかったと思うので、もう少し。
つまり、魔術を行えば周りには伝わらなくとも
施した本人には、主観的に変化が起こっていると思うのです。

僕は少なくとも白魔術は、
自分にかける呪いのように感じる部分があります。

ほかの魔術師さんは、パワーストーンを使いませんか。
今、他のスレを読んでいたら、効果が有るか無いかより
先の議論をしているようです。

学問的研究の参考にこのスレに来ている人がほとんどなら、
別スレを立てるべきでしょうか。

555 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 16:52:01 ID:iZ/uc39P0
自分はパワーストーンは趣味なだけで、魔術に関連して使った事はないな

556 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 17:45:55 ID:ObirlHfX0
>>554
正直、話の流れが誤爆ぽいんで何が聞きたいのかいまいち不明なんだけど
本人の主観だけとは限らないかな

例えば、自分で薬飲んで幻覚を見て発狂というのも、分かりやすい効果だけど
呪いをかけて他人が車の運転中に幽霊など幻覚を見て事故にあうっていうのも分かりやすい効果だよね
でも実際は前方不注意や居眠り運転などで片付けられる

魔術の効果の有る無しの認知度でいえば後者は理解されず、前者は割と理解されやすい
けどそもそも自分の主観も他人の主観も大海にある氷山の一角でしかなく
魔術の大抵のものは大海の部分から操るものっていうのが、今ある魔術の講釈書の解釈なんだから
本人の主観の変化っていうのは関係無い場合もある

後、揚げ足取りだけど白魔術っていうのは自分にかける呪いも他人にかける呪いも関係無く
要はケテルの栄光を浴びられるかにかかってると思うけどね・・・

なんとなく>>551はおまじないスレの人っぽいね

557 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 18:29:01 ID:b+mwmJLn0
白魔術なんて言葉を何の疑問を抱かずに使っている時点でおまじない系の人なのは確定的に明らか

558 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 19:23:30 ID:nbXKf3hK0
西洋魔術は性質上、白・黒って言葉は使いたがらないけど
東洋だと一般的に外法という表現は普通に使うことがあるんじゃないのかな

559 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 19:26:21 ID:nbXKf3hK0
東洋でも自分のとこのしか知らない人は使うこともないから
一般的でもなんでもないか。失礼しました

560 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 21:56:57 ID:rRcKyjvn0
「ヤクザにも白ヤクザと黒ヤクザがあるらしいよ」と聞いたような気分w

561 名前: 551 [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 22:24:57 ID:w6IKkmcY0
白と黒にだけ反論するのは、揚げ足取り。

ただ、他人や外に向かわない力のことを
強調したかったので、
白とした。

562 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 22:31:56 ID:qgcVczUj0
ふーん・・・

とりあえず黒と白っていうとカバラからすれば
慈悲と峻厳、男性性と女性性、官能と知恵の別などをざっと想起するんだけど

> 他人や外に向かわない力のことを
強調したかったので

妙に通ぶらないでそういう風に書けばいいと思うよ
ただでさえ丘板は妙なジャーゴンでハァハァする人が多いので

563 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 22:32:20 ID:37KZAxlu0
他人や外に向かわないならば明らかに黒魔術だな。

564 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 22:43:42 ID:QnJCMaCR0
白魔術黒魔術アレルギーもそろそろなんとかしてもらわんと話の腰折れっぱなしでね
そういう用語のどうこうのところですぐ突っかかってくるのって結局
その人にとって魔術がある程度の知識関心深みでしかないってことを
露呈してるだけなんだけどね

神話や民間伝承、祭や儀式の構造(象徴作用)に黒魔術白魔術は確固として存在するし
フォーチュンやクロウリーやバトラーも白魔術、黒魔術で含蓄深いアフォリズムをいくつも残している。

おまじないも然りで、おまじないと儀式魔術の明確な線引きは不可能。
Charm, Spell, Ritual, Sorcery etc. 全てMagic(k)の内包要素だ。
いや線引きできる、するべきだという人は読書が足りないか経験が足りないか、
はたまた止むに止まれぬ事情があるかのいずれかだろう。

>>561
こんな七面倒くさいところでよかったら、めげずに話しかけ続けてください
自分にかける呪いってのはなかなか味のある表現だな
フロイト/ユング以降の魔術はとりあえず「自分にかける」ものというユルい共通認識を保持しつつ
それだけじゃないよ派とかそれがすべて派とかそれはそうだが言葉が足りないよ派とかが
ユルく仲良くやってる感がある。

565 名前: 551 [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 22:51:48 ID:w6IKkmcY0
じゃあ、黒白魔術どいうのを止めます。

ただ、呪いのように他人を害する術は、
このスレでは是なんですか。

566 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 23:02:36 ID:QnJCMaCR0
>>565
このスレの統一見解なんてものは存在し得ないと思うけどおれのスタンスは
他人を害するということも他人を害さないということもつまりどういうことか
自分には判別できないので、あらゆる為されようとすることの是非を問わず
あらゆる為されたことを是として引き受ける覚悟で魔術を楽しみながらそれを内緒にしています
て感じ

567 名前: 551 [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 23:14:14 ID:w6IKkmcY0
結局、グリモワールもゲーティアもマサースが
翻訳したし、
クローリーはそれを面白がったよ、
ということでしょうか。

完全にスレの流れ無視ですいませんでした。
また、きます。

568 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 23:18:20 ID:ObirlHfX0
まあ白い魔法とか白いオカルティズムとか黒魔術っていう言葉は神秘のカバラとかにも散見するね
頻繁にじゃないけど
ただスレ的に受け付けないだけじゃないかな

俺は>>556だけど変な所突っ込んで悪かったね
他人を害するとまで行くと大抵黒魔術になるだろうけど
他人に向かうから悪いとか自分に向かうから良いとかは無いよ

簡単な例では
力に溺れるものに愛を説くのは(或いは木星儀礼をするのは)他者に向かうけどそれは正しい、白魔術になるね
だけど
自分が愛に溺れているのに更に愛を強調するのは(或いは木星儀礼をするのは)自分に向かうけど、黒魔術になるね

白魔術っていうのは、またジャーゴンハァハァとか言われるかもしれないけど
要は・・・なんていうか、正しい流れになる魔術
道教的に言うなら、そこに道が生じる魔術であって
つまりケテル、一者の目論見の成就というのが白い魔法だというのが大抵の本の見解じゃないかな

569 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 23:19:20 ID:QnJCMaCR0
闇あっての光、光あっての闇、そういう遊びであり美意識であり、てところでは

570 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 23:33:17 ID:qgcVczUj0
互いに補完し合うものを、お手軽に黒と白の別で利己と利他に分類するのが
少々自分の中では障壁があるのかなとは確かに思う

おまじないやらジンクスやら験担ぎやらはべつに嫌いではないし、
魔術やら実践的秘教哲学の機序はともかく手順はシンプルで
あってもいいとは思うのです

それなのに何に隔たりを感じているのかといえば、そういうおまじないを
真剣におこなうひたむきさがあるわりには、だれが並べたかも知れない
任意の象徴体系を盲目的に信じ込んでよしとする人がいるわけで

で、そういう人からは無批判に霊感商法にはまる人のもどかしさを言外に
想起させられ、そこでじれったさを覚えたりそういう人と自分は違うのだと
主張したいのかも知れないと言ってみる

571 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 23:44:46 ID:rRcKyjvn0
白とか黒とか、それ以外のコトバで表現してみよう

儀式をするなどして、意識的に積極的に、通常以上の努力を試みるのは自分にとって「ポジティヴな魔術」
その逆の行為が「ネガティヴな魔術」ってことで、自分は後者にはあんまり興味ないなー

なぜなら、呪いや魔術に限らず、全ての言動や行為の結果は後々必ず自分に返って来るものだし、
誰かを恨んだり呪ったりする暇があったら、前向きな努力で自己を向上させる道を選ぶね
そういう意味ではすごく利己的だし、黒と言われたらそうかもw

572 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/07/06(火) 23:57:27 ID:rRcKyjvn0
それと、自分に向けて深く発した魔術のチカラは、結果的に、おのずと他人や外に影響を与えるものだろう?
自分にとって「真・善・美」だと思えるものも、思想信条の違う他人にはそうは見えないかもしれないし、
その意味でも、術者にとっては黒白の区別よりも「ぶれない覚悟」が必要だろうと、個人的にはそう思う。
でもまあ、客観的というか最大公約数的に、「わるいこと」はしない方が良いと思うよ。
別に赤の他人が魔術を悪用しようが善用しようがオレの知ったことではないけど、
この業界には昔から不可視の「オカルトポリス」という善良な団体があってw 悪いことをすると(ry
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。