スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法円について

以下に転記するのは、2ちゃんねるオカルト板、魔術結社G∴I∴K∴O∴第30スレッドより抜粋した投稿内容である。

以下の内容は、閲覧者自身の判断において利用されたし。

以下の内容で発生したいかなる不都合の責任も、閲覧者自身が負うことを了承されたし。

以下の内容の商業利用に関しては、2ちゃんねるの運営方針に準拠されたし。

以下転記。
545 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 20:05:18 ID:4xY9QvmEO
調べたけど魔法円の起源もみつからない。

548 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 20:16:08 ID:4xY9QvmEO
>>546 ところで信念を使う魔術でその時入るエネルギーフィールドみたいなものを作った神話や記述を知ってますか?

549 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 20:19:24 ID:4xY9QvmEO
>>547 今度図書館行くんでそのときタルムードとそのショーレムをかりてみる。

550 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 20:24:36 ID:wXXoJxJR0
>>545
「魔法円」という「形式」の歴史的起源は不明。

中世からルネッサンスにかけて大量に出てきた所謂
Black Bookと呼ばれる魔導書には様々なヴァリエーションがあり、
すでに一つの流行スタイルとして出来上がっていたようではあるが、
それ以前の時代に遡ろうとしてもハッキリした証拠はない。

もちろん、代表的な形式などない。
現代でも術者のお好みでデザインするのが主流。

552 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 20:31:49 ID:wXXoJxJR0
>>548
意味不明。
エネルギーフィールドって何?

魔術で利用する「力」をどう喚ぶかは流派によって違うし、
その流派の基礎となる神話体系もそれぞれ違う。

敢えて言えば、多くの魔術では「光」をどうやって引き込むか、
がその基盤となっている、位かな。
(左道派の中で闇を信仰するところが、どうしているのかは良く知らない。)

553 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 20:37:00 ID:4xY9QvmEO
〉〉550 魔法円は何か感覚で感じとってそうなったと勘で感じるんだけどな。他はアイオンから円が全体や世界だからかな?

554 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 20:39:06 ID:wXXoJxJR0
>>553
多分、感覚的なものと「結界」みたいな概念の合わせ技だと思う。

555 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 20:39:28 ID:4xY9QvmEO
〉〉552 エネルギーフィールドは信念を使う魔術のときに入る領域や世界という感じのもの。
その領域自体にエネルギー(力といってもいいかも)があるからエネルギーフィールド。

556 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 20:43:29 ID:4xY9QvmEO
>>554 ああ、自分の周りに円を描いたらそうなると思う。
紙に書いたときはどうだろう?護符とか。

557 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 20:47:07 ID:Lph7IwwE0
つーか、結果だの原因だの時系列に沿った思考から離れられない時点で
魔術を含む神秘行の「おいしい所」に手をつけていない証拠だわな。
因果系を外側から覗く行為が、知らない人には「結果がすべて」に行き着く
言葉遊びにしかみえないのは仕方ない。
「魔術師のみえない手」はみえてしまったら「魔術師のみえない手」ではないさね。

ところでA=notAを体験したことある? 
あったとして、それを言葉でどう説明する?

558 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 20:56:31 ID:4xY9QvmEO
風呂入ってくる。

559 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 21:10:50 ID:Lph7IwwE0
魔法円かあ。
いま、ちょうど紋章学や家紋の本を読み漁りながら、フィクションの世界での
魔法「陣」を描くための文法を何とかデッチあげようとしてるトコなんだよなあ。
別室向けの内容だけど。

560 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 21:26:41 ID:j9RULJcf0
>>557
つ ttp://www.geocities.jp/hobby_room_pearl/jump/daiamon/24-07-cat2.JPG

つ「即非の論理」

つ「俺は結局クレタ人を信じ抜くよ」

561 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 21:30:04 ID:FK+DPn5TO
>>557
全ては法則という真理に支配されています。
もし誰かがA=notAを体験したとしても、それは決してある真理に反する真理が顕れたわけではなく、その人間が実は今まで世界の真理に触れていなかっただけですよ。
先の質問に対し殴ればいいと答える人間には、少なくとも因果の外にある視野は啓けていませんね。
齟齬を遺さぬ智恵も働かせないのなら無解答が正解なんですよ。

562 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 21:37:17 ID:StQPJVE10
休みっていつまでだっけ

563 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 21:46:59 ID:j9RULJcf0
始業式が4月の6~8日あたりじゃまいか?

564 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 21:51:04 ID:ZvgpkcfY0
>A=notA

魔術とは関係ないルートで俺は見た
詳細は秘密としておこう

565 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 21:53:48 ID:StQPJVE10
>>563
そっか、こんな所で聞いてすまんかった あんがと

566 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 21:55:17 ID:Lph7IwwE0
>>561
もう少し、「時系列が成り立たない」ということがどういう意味か考察して
から書き込んでも遅くないんじゃないかな?
まー、どっちにせよ掲示板で言葉を交わすにゃ無解答が正解と気取って
られないわけで、齟齬とわかっていても「ひょっとしたら」向こうがわかって
くれるかもしれない可能性に賭けるしかないんだよね。
んでだ、そっちが「時系列の外側」を理解できないのはしゃーないとして、
この思考がいわゆる既知外寄りの思考方法だってのはわかるよね?
そっちだったら、その既知外な思考と一般常識をどうやって両立させる?
いっとくけど、これは上から目線の詰問やテストじゃなく、「俺も完璧な正解
は知らないけど、君ならどうする? 意見聞かせて?」という意図だから。


567 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 22:13:30 ID:FK+DPn5TO
>>566
まず私が時系列の外を知らないという前提が間違っていますが、それはともかく。

>この思考がいわゆる既知外寄りの思考方法だってのはわかるよね?
>そっちだったら、その既知外な思考と一般常識をどうやって両立させる?

時系列の外の肉に馴染まない世界を、肉のレベルで知覚理解努力をしようとするから既知外寄りになるというだけで。
時系列の外も整理すれば判りやすい秩序がありますので。
そのものを受け止めようとするなんて肉の器から溢れ零れて既知外になるのは必然。そういう人は数学者にも多いです。
海を知る為に海水を飲み干そうとするのはおバカです。どんな世界でも同じレベルになって取り込まれず戯れず、要所だけを俯瞰すれば一般常識と共存可能。

568 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 23:00:19 ID:e0T12t240
>>555
ここでいうところのカバラ魔術の原則はエジプトの時代から同じ。

「汝来たりて、我に従い、そして全ての霊を我に従わしめよ。
 さらば全ての蒼穹の霊、エーテルの霊、地の上の霊、地の下の霊、
 丘の霊、海の霊、渦巻く風の霊、逆巻く炎の霊、あらゆる神の呪詛と懲罰を
 我に従わしめん。」

広い意味で言うと、自動車を動かしたりパソコンを操作するのと同じく、
世界から「力」を適切な形で引き出し、それを使って自らの思いを実現させること。

言い換えれば、「力」を適切に引き出す事で自らが(限定的に)神になって
思い通りの世界を(部分的に)創造すること。

もっと狭い意味で言うと、君の肉体と精神という「神殿」を適切な「力」で満たし、
それを妥当な形で使う事。

ある意味、君がいうところに「エネルギーフィールド」の中心とは、
他の何処かではなくて、君自身の存在だ。

ぶっちゃけていうと、君自身が力を持てば(力を集めれば)
君の信念もその力に応じて実現されるが、
君に力が無ければ(力が集まらなければ)何も起こらない、
という単純な理屈だ。

>>556
使う目的が全然違うよ。

569 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 23:03:11 ID:Lph7IwwE0
>まず私が時系列の外を知らないという前提が間違っていますが、それはともかく。
ふーん。じゃあ、なんで>>537のような発言したの?
自虐で言ったのならわかるけど、そうでもないみたいだし。

570 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 23:11:18 ID:4xY9QvmEO
>>568 カバラ魔術というのは生命の木がある世界からのものじゃないですか?

私がいう信念を使う魔術のときに入る領域とは違うと思います。

魔法円に関しては紙の上でのものの話しがしたいです。本当に紙に書く魔法円は効果があるのでしょうか?そう思うことによる効果ではない効果が。

571 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 23:37:25 ID:FK+DPn5TO
>>569
生まれ落ちた肉は(今生の内は)時系列による因果からは逃れられません。
人の身の因果は過去から未来へ。その外を見る、知っている、多少利用出来る事とはまた別。
自分が魔術に何を求め浴したかという過去の因縁なども強力に自身に働きます。
外を知ったばかりで舞い上がって、本来の流れの捉え方を疎かにする脇の甘い人は、強い人達にいざという時にそこを世界との契約に拡大解釈されたりして梯子を外されたりします。
気が付かずに没落していく魔術師が大半でしょうけどね。

572 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 23:46:18 ID:WJv13+O60
>>570
生命の木は世界の何処にでもある。
世界は一つの生命の木であり、
そして世界のあらゆる存在の中にも生命の木がある、
というのがカバラの考え方。

生命の木という枠組みを利用して世界から力を引き出すのがカバラ魔術。
意識の変性やアストラル界への飛翔は力を引き出す為の準備に過ぎない。


> 本当に紙に書く魔法円は効果があるのでしょうか?

紙に書いたものは紙に書いたもの。

昔、厨房の頃、3人の友達がコックリさんをやっていたが、
なかなか帰ってくれずに焦っていた事があった。
それを横で見ていた自分が、以前に精魂込めて書いた護符をその場に差し出したら
即座にコックリさんの反応が消えてしまった。

次にその3人がその護符を持ってコックリさんをやったが、
また先ほどと同じように帰って欲しい時に帰ってくれなくて困っていた。

紙は紙。それ以上の何物でもない。

573 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 23:48:12 ID:Lph7IwwE0
>その外を見る、知っている、多少利用出来る事とはまた別。
>本来の流れの捉え方を疎かにする脇の甘い人は~

そこまでわかっているんなら、なおさらなんでその結論になるんだろう……
と思ったけど、そのすれ違いがもどかしい問題だぁね。お互いに。
それはともかく、話ができて面白かったです。

574 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 23:53:08 ID:FK+DPn5TO
>>573
携帯で長文やり取りは疲れました。またいつか。

575 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 23:54:21 ID:4xY9QvmEO
>>572 その世界観は私とは違いますね。

魔法円の話しはつまりそう思うことによって効果があるので本当に効果はないということ?

576 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/31(水) 23:59:00 ID:yXjS/BZC0
>>575
魔法円を結界として使うのは感覚的に(というか心理学的に)根拠がある。

しかし、魔法円を紙に書いて護符にしてもそれ自体に力があるわけではない、ということ。

577 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 00:24:55 ID:PfF0b6QgP
>>576 じゃあ魔法円が紙に描かれた由来は何なんでしょうね?
五亡星と六亡星も同じようにそれ自体に効果はないのかな?

578 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 03:23:09 ID:vKiY1sIJ0
ID:FK+DPn5TO
こいつが一番非常識で意味不明なのだけはわかった。

580 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 09:54:42 ID:QwNfCCFY0
何方か、ご教授お願い致します。

大沼 忠弘氏「実践 魔法カバラー入門」と取り合えず読破し
同氏「実践カバラ―自己探求の旅」を読みだした初心者ですが
小五芒星術式で不明点があります。

大沼著書では「Y・H・V・H」を「イ・ア・ウ・エ」と唱えるとしてありますが
カバラ系サイトを見るに「ヨド・ヘー・ヴァウ・へー」と唱えるとあります。
この違いは何によるものでしょうか?
また「イ・ア・ウ・エ」自体何を表しているのでしょうか?

先達の皆様、どうかご教授お願い致します。

581 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 13:04:41 ID:joI75tqj0
大沼氏がイアウエと読ませる意図なんて知らないけど
「ヤハウェ」と「イアオ」のミッシングリンクみたいなものかもねなんて
先達でもなんでもないおれが適当かつ無責任に言ってみる

582 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 13:09:59 ID:KRrnxK+60
その小五芒って、しょせんは翻訳だからそんなに厳密に固くるしく考えなくていいにょ
むしろ自分で「こっちが正しい」と強烈に意志を固めて決めて、一つに決めてやり続ければ無問題。

もうずっと長年ラテン語でやってる俺にはどうでもいい話でw

583 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 13:14:35 ID:KRrnxK+60
でも、日本語でやったらダメだとかそんなことないからカンちがいするなよ>小五芒
極端な話、自分に「これがでいい」という思い込みがあれば、
最初から最後まで語尾に「にょみ」をつけてやったって、それりに効果あるにょみ!

584 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 13:15:23 ID:joI75tqj0
あとID:4xY9QvmEOが言ってる魔法円てペンタクルのことだよね
地面/床の上に描く魔法円と紛らわしいよ

585 名前: 580 投稿日: 2010/04/01(木) 16:49:25 ID:QwNfCCFY0
レスありがとうございます。
もし仮に将来どこかの結社に所属して小五芒した時に
「いやいや君wwそれ違うからww今の正統はこれだからww」とか
半笑いで言われたら厭だなぁと思いまして。

大沼氏がカバラとイシス女神を結び付けてるのも良く分からないんですが
カバラはユダヤでイシスはエジプト神話ですよね?

まぁ、それは如何でも良いとして
レスありがとうございました

587 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 18:09:23 ID:wPIu+sZ40
「カバラ魔術」って表現に出くわす度に、もやっとした気分になるのは俺だけ?

588 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 18:20:18 ID:PfF0b6QgP
>>579 魔法円と護符が違うのはわかっています。魔法円が紙に書かれるものの例
として出したんだ。
魔法円自体に、使うものの思惟(力を込めるとか)や魔法円はこういうものだと
いう思い込みではなく、自然に効果があるかが知りたいんだ。
由来は魔法円がなぜ魔法円として存在しているか、誰が発見したかということ。


>>584 魔法円は一般では魔方陣ってい呼ばれている。けど円の部分を強調したいのと
魔方陣というと数学で出てくる魔法陣の話がでてくる可能性があって邪魔だから
魔法円という言葉を使った。
ペンタクルというとタロットでの地のエレメントの象徴として出てくる以外は知らない。
紛らわしいけど両方同じ言葉使ってるみたいだからしょうがないと思う。

590 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 21:43:35 ID:PfF0b6QgP
黄金の夜明け団・クロウリーのゲマトリアが書いてあるサイトってない?

591 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/01(木) 21:44:39 ID:fxSvdw2y0
このスレが普通に魔術の話題で盛り上がっている事に驚きを隠せない

592 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 00:20:59 ID:7so5zJNk0
まあ昨日はエイプリルフールだったしな

593 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 01:34:44 ID:9vSUf9JT0
>>580
ヤーウェイ

594 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 08:15:39 ID:Bhhbfqjx0
YHVHってヘブル語だし心底ほんとうに全く関係無いが、こいつを思い出した

  人
(  0w0) ダディャーナザァンドゴー ウェーイ

595 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 08:35:03 ID:q8FWej4H0
ヘブルだとかアセンブリだとかに細かい奴ほどにわかが多い

596 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 08:39:15 ID:Bhhbfqjx0
呪うよりも殴った方がいい→老害
ヘブルだとかアセンブリだとかに細かい奴ほど→にわかが

ようは腐したいだけなんだね、暇くせぇw
何を心配してるんだか

597 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 08:42:33 ID:Bhhbfqjx0
そんな心配をしなくても、このアイオンではそんな小さい奴の居場所は
どんどん無くなってくだけなんだよな・・・とか書くとアセンション厨みたいで
少々モヤっとするが

598 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 09:47:12 ID:7so5zJNk0
>>597
だいじょうぶだ。そこまで書けば、皆も君を「アイオン厨」と呼んでくれるよ

モヤモヤする時はカラオケに行って「zoo~愛をください」をリクエストして
サビの部分で「♪アイオンください おうおう アイオンください~!」と熱唱すれば、
少しは気が晴れるかもよ。いやもちろん、単なる思いつきだけどな

599 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 10:24:44 ID:D9hnMrdi0
>>588
>魔法円自体に、使うものの思惟(力を込めるとか)や魔法円はこういうものだと
>いう思い込みではなく、自然に効果があるかが知りたいんだ。
人によって意見が異なるんだよね。
個人的には使う人や触れる人がオカルトやってないと何の意味もないと思う。

600 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 12:48:30 ID:gjbqQv90O
>>599
えっ

601 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 13:32:38 ID:mLMnPGKg0
オカルトに意味や定義や明確さを求めた時点で、それは既にオカルトではない。
多くの魔抜け君はオカルトではなくコレクションや趣味としての知識を
意味や定義として知るとか評論したい、形式的、偶像的な知識を共有したい
ように流れているだけ。

正しくオカルトを行っている人はモヤモヤで正解ってこと。
つまり異世界そのものを扱う類に、その異世界の知識が言葉や意味で
表せるわけがない。比喩したり象徴して表現するってこと。
魔法円の類でもそれは術者との関係で成り立つ道具でしかない。
気分高揚やその状態に成るために扱う飾りであって他人にとっては特に
意味はない。そんなものが客観的に共通な技術として扱えるとするなら
それは科学であって、誰でも共通に反証し証明できるもの。
オカルトが証明できる類だと思い込んでいる人はこの板に無数にいるわけで
さわりたくないけどね。

602 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 13:48:11 ID:gjbqQv90O
初心者はとりあえず他人から学んだ事が絶対だと思い込む
三流は明確な意味、答えは無いというのが答えだと思い込む
二流になると、明確な意味、答えがあるのがわかる
一流になると、明確な意味、答えが解る
超一流になると、明確な意味、答えをあらゆる形で表現できる

一事が万事
一番口数が増える時期も三流の頃

603 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 14:15:07 ID:d+xCDEf20
>>602
違うな。

何かを「判った」と思い込むところで、そいつ向上心が終わる。
あとは実力の後退と妄想と固定観念の進歩があるのみ。

604 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 14:16:37 ID:d+xCDEf20
>>603の訂正

(誤)そいつ向上心が終わる。
(正)そいつの向上心がなくなる。

605 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 14:31:40 ID:gjbqQv90O
人の成長を向上心ではかれる域にしか想像できないのも三流
間違った意味、答えを思い込むのは四流

606 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 14:34:00 ID:gjbqQv90O
一流の「わかる」は感得する事
三流以下の「わかる」とは質が違う

607 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 14:45:05 ID:d+xCDEf20
俺が直接会って話した一流の人(科学者とか武道家とか)は皆、
向上心と探求心の塊のような人ばかりで、
初心者が学ぶような基礎の基礎から復習し見つめ直す事を
怠らない努力家だった。

俺も魔術においてはそうありたいと思っている。

608 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 15:02:37 ID:gjbqQv90O
科学においては感得して終わりではないから。
証明、発表までが要求されるプロセス。
一流でもある種の青さ、エネルギッシュさを残す事が必要。

その武道家は一流ではない。
武道においては人をあやめるまではいかに研鑽しても二流の人体科学者に留まる。
一流は兵法家となるまでの宮本武蔵。

609 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/04/02(金) 15:08:19 ID:gjbqQv90O
まあ青さをアピールする事で目に掛けてくれる鬼もいるのではないか。
頑張れ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。