スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪詛について

以下に転記するのは、2ちゃんねるオカルト板、魔術結社G∴I∴K∴O∴第30スレッドより抜粋した投稿内容である。

以下の内容は、閲覧者自身の判断において利用されたし。

以下の内容で発生したいかなる不都合の責任も、閲覧者自身が負うことを了承されたし。

以下の内容の商業利用に関しては、2ちゃんねるの運営方針に準拠されたし。

以下転記。
480 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 10:08:30 ID:PG7ThNfx0
実践魔術講座ってPDF公開してたんだな。知らなんだ。

12,000円で買おうかどうか迷ってたあのころが懐かしい。

481 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 10:19:13 ID:TMXwfwZ90
時代はどんどん進んでる
昔は高額の稀覯本でしか入手できなかった情報も、今は無料文章サイトで全世界公開
後はそれを手にして使う本人の工夫と努力次第ってことだね
良い時代になったもんだ
この好条件下で、人類の知性が飛躍的に伸びなかったらどうかしてるんだけどw

482 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 13:36:24 ID:OwPgNTHp0
呪詛について知りたい学究の徒です。
現在それを必要とせざる得ない危機に直面しています。
なるべく実践に伴う経験則や注意点などを西洋魔術の観点から説明してくださると
ありがたいです。
なお、呪うより殴る方が早いなどというリア厨みたいなレスはいりませんので
僭越ながらあらかじめ釘を刺して置こうと思います。

483 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 13:55:50 ID:PG7ThNfx0
西洋魔術の代表格であるGD系のスタンスは、呪うより殴る方が早いというリア厨みたいな回答だったよね

大御所がそういうんだもん

あと呪いって相手に知られないと効果発揮できなかったよね

484 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 14:01:32 ID:FSkMIV2C0
>>482
祟り神スレでいま実験中だぜ

485 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 14:05:58 ID:OwPgNTHp0
それってOHじゃないですか?
OHの人は知識はあれども肝心の実践については手付かずの素人ような印象なので
よくいる理屈一辺倒の評論家の皮肉に過ぎないと受け取ってます。
その手の戯言じゃなくて真面目な意見を聞きたいのです。

486 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 14:12:35 ID:PG7ThNfx0
真面目な意見として、呪詛は対象が「呪いをかけられた!」と認識しないと
パラノイア的なプロセスがスタートしないから効かないと思う

現に俺があんたに対してさっき儀式したの気づかなかったでしょ?

あと政治家なんかみたいな人間相手でもあまり効果がないと思う

487 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 14:23:15 ID:OwPgNTHp0
なるほど。呪いをかけられたと認識させるのですね。

政治家にきかないのは彼らが呪詛対策を行ってるせいだと考えます。
意外と占いとか神秘系団体に入ってる人が多いんですよね。
やはり成功者ほど呪詛の危険性をしっかりと認識してるのではないでしょうか。

488 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 16:32:54 ID:TMXwfwZ90
そもそも信奉者の多い政治家やカリスマ宗教指導者は、熱烈な信者どもの想念が周囲にウズまいて護衛軍状態になってるから
個人の微弱な呪詛ぐらいじゃびくともしないんだよ
そういうのを標的にするなら確かに実力行使の方が早いけど、現実には物理的な護衛も多いから難しいぞー


489 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 16:36:15 ID:TMXwfwZ90
つか>>482は中村雅彦先生の『呪いの研究』くらいは読んでるんだろうな?
知らないならためになるから読んでみ

490 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 16:41:22 ID:TMXwfwZ90
あと、洋の東西を問わず、ほんとうにヤヴァい呪詛の核心部分はどの流派も代々口伝なのが多いからね

492 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 18:48:49 ID:PPvm9RTi0
>>482
呪詛を必要とせざるを得ない危機ってどんなの?
ぼかして、でいいのでちょっと知りたい。

ただの好奇心からの質問なので
(助言は何もできない)無視でも構いません。

493 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/03/26(金) 19:10:25 ID:TMXwfwZ90
おれも知りたいな
>>482の呪詛を必要とする危機ってどんなレベルの理由なんだ?
以下に例をあげてみたけど6以上なら心情的に協力してやんないこともないぞw

1 なにげに気に食わない奴がいる 振られた相手が憎い
2 個人的にフルボッコにされたレベルの怪我を負わされた恨みがある
3 大金を騙し取られた 肉体を凌辱された
4 自分以外の家族や仲間が受けた致命的な恨みを晴らしたい
5 多数の人間を泣かせる大悪人がいて、しかも狡猾な奴なので法的に追求できない
6 霊視でその人間が将来核戦争を引き起こす悪魔だということが分かったが、いまはただの赤子
7 全宇宙を腐敗させている元凶、銀河連合を壊滅させたい

494 名前: 本当にあった怖い名無し [saga] 投稿日: 2010/03/27(土) 01:18:42 ID:0ki2uywV0
>あと、洋の東西を問わず、ほんとうにヤヴァい呪詛の核心部分はどの流派も代々口伝なのが多いからね
口伝は形式的なものであって、才能が無いものには口伝など無意味だろ。
認知できないものを教えても受け入れることは不可能ってこと。
それは記録できない類を認知できるかの才能でしかない。

知識だけで覚えた奴は口伝とか口に出すが基本的には儀式などの体験や
瞑想や薬などで特殊体験することで基本を与え、その後に術そのものを
体験させることで伝授させるわけだ。
記録も言葉も無力ってことさ。

495 名前: 490 [sage] 投稿日: 2010/03/27(土) 04:23:43 ID:J+PfrYUp0
>>494
親切に詳しい解説ありがとな、おれも端折っただけで結論は同意だ。
「口伝」ってのはそもそもそういうもので、
長期間ちゃんと修行をさせて「こいつなら大丈夫」と見定めた上で、継承者から次期継承者に伝えられるおので
初対面でどこの馬の骨とも分からん奴に、問われるままに口で説明するっていう意味じゃないぞw

そういう技は、ある程度誰かの直接指導の下で修行を積んだ後に理解&習得できるものであり、
ネット誰かに聞いて文字情報だけ得て、それで即席で習得できるような簡単なものではないぞと、
そいういう意味を込めて遠回しに>>482に「いまからじゃ無理だぞ」と助言したつもりなんだけどな

中村雅彦の本を薦めたのも同様。最後まで読んでみればあの本を薦めた本当の理由が分かるだろうよ

496 名前: 490 [sage] 投稿日: 2010/03/27(土) 04:30:36 ID:J+PfrYUp0
ちなみにウチは東洋系のそういう家柄で、おれは次男なので面倒な継承の重圧からは免除w
なんの責務もなく西洋魔術を楽しめるのも、跡継がなくていい立場だからなんよ~♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。