スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喧嘩での小技について

以下に転記するのは、2ちゃんねるオカルト板、魔術結社G∴I∴K∴O∴第30スレッドより抜粋した投稿内容である。

以下の内容は、閲覧者自身の判断において利用されたし。

以下の内容で発生したいかなる不都合の責任も、閲覧者自身が負うことを了承されたし。

以下の内容の商業利用に関しては、2ちゃんねるの運営方針に準拠されたし。

以下転記。
132 名前: プロビデンス ◆iYQ3SJwj2Q 投稿日: 2010/02/15(月) 19:45:41 ID:d1nTVs0U0
素人質問で悪いけど
黒野一門のブログで駅でチンピラに催眠かけてた下りがあったけど
ハッスルしてる格闘家や作戦中の特殊部隊には絶対効かないよね
危険を事前回避できなかった場合はこれが一個人魔術師の限界なんだろうか
走って跳んで戦える魔術師が一番なんじゃないの
住人の人たちはフィジカル鍛えてる?

133 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 19:55:56 ID:qkTRqDxU0
いったいなにと戦おうとしてるのかね

134 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 20:19:38 ID:CppAaT/v0
>>132
一方メイザースはベアナックルボクシングを使った。

ブログの内容は知らんが、ハッスルしてる格闘家は、それはそれで一種の
トランス状態だから、誘導の仕方はある。というかフェイントに始まって武術の
技とか心法とか全部その類の技術だし、オカルト紛いの技術や鍛錬なんか
幾らでもある。40、50を過ぎても戦える人は、本人の自覚は別にしても、
何かしらそんなイヤらしい技を持ってるよ。

まあ鍛えてること前提だけどな。

135 名前: プロビデンス ◆iYQ3SJwj2Q 投稿日: 2010/02/15(月) 20:38:23 ID:d1nTVs0U0
>>133
危険に相対した時があきらめ時という認識なら仕方ない。

>>134
http://kuronofamily.blog26.fc2.com/blog-entry-37.html
トランス状態といっても自分を倒す事に集中しきったトランスでしょ。
自分以外の対象に意識を逸らす事なんて出来ないのでは。

136 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 20:52:13 ID:UUoQm2BR0
>自分以外の対象に意識を逸らす事なんて出来ないのでは。

できると思うよ。
武術に限らず、対人技術の道は上には上がいて、さらにまだ上がいる世界
だから、自分の常識が通じない世界だと思った方が安全かと。
催眠術に限っても、瞬間催眠などのテクニックがあるし。

137 名前: プロビデンス ◆iYQ3SJwj2Q 投稿日: 2010/02/15(月) 21:04:16 ID:d1nTVs0U0
そういうインファイティング魔術って体系化されてないのかな。

138 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 22:15:47 ID:CppAaT/v0
暗殺者として来た坂本龍馬を舎弟にしてしまった勝海舟とか、武道の奥義は
自分を殺しに来た相手と友達になることだと言った塩田剛三なんかもいるしな。
古流ならの二階堂平法とか。

エリクソン並みのノンバーバルな暗示能力を戦闘に特化させたらどうなるか?
なんて考えると愉快だし、蓄えてる流派もあるかもしれないが、あいにくそんな
研究結果は知らん。だいたいトンデモの巣窟か、やらせやお手盛りになる。

そもそもその手の心法はこのスレじゃ魔術とは呼ばないだろう。俺は好きだが。

139 名前: プロビデンス ◆iYQ3SJwj2Q 投稿日: 2010/02/15(月) 22:26:27 ID:d1nTVs0U0
ヤクザに喧嘩を売られた時に喚起で対抗しようとして顔面骨折の憂き目にあった馬鹿がいてね。
少し興味が湧いただけだよ。ありがとう。

140 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:06:13 ID:pUtu/TWd0
馬鹿とかいうな
できるかどうか最初にやった奴は偉大なんだ
失敗したからといってその結果は無価値ではない
むしろ感謝しなければならない
つまりけんかには使えないんだ、とわかったんだから

141 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:12:35 ID:sLGgAH+r0
このスレの底力をみる思いだな

142 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:16:29 ID:pU3vpp310
喚起して何がしたかったのかわからないな。
自分に憑依させて超人的な力でも身につけてやーさん倒すつもりだったのかな?

どちらにせよ夢は寝て見るもんだな。

143 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:16:57 ID:UUoQm2BR0
彼が使おうとした技術が魔術であろうと、まともな格闘技であろうと
生兵法は怪我の元って言葉があるからなあ。
よほど喧嘩慣れしてても、喧嘩するシチュに陥ること自体がすでに
リスクそのものだという認識がないと、ヤクザのような喧嘩のプロ
には手を出すべきではないよな。三十六計逃げるに如かず。
まあ、でも自分がそういう状況に置かれた場合、自分の手札をいかに
使うかを普段から考えておくのは、悪いことではないと思う。

144 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:18:13 ID:SjcvJp8n0
>>139
確かに単なる馬鹿だ。
喚起作業がトロすぎるな。

ヘルメスを喚んでごまかすとか
ビーナスを喚んで媚を売るとか、
マルスを喚んで喧嘩上等で立ち向かうとか、
ジュピターを喚んでお金で解決するとか、
0.1秒位で召喚対象を決めて喚びださないと
間に合わないよ。

そういう限定的な召喚・喚起作業が出来ない下手糞は
魔術を実際に訳に立つレベルで使えない、って事だ。

145 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:20:25 ID:pU3vpp310
脊椎反射で喚起しろとか何の無理ゲーだよ。

146 名前: プロビデンス ◆iYQ3SJwj2Q [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:28:06 ID:d1nTVs0U0
>>143
ヤクザから仕事を貰っている人間だと逃げる以外も重要な選択だと思うよ。

>>144
それくらいのレベルの高速喚起だったらしいけど、それでも間に合わなかったらしい。
どれだけ至近距離だったんだろうと思う。
結局そいつは今はボディ鍛えてガチムチになってしまってるけど

147 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:28:09 ID:SjcvJp8n0
>>145
普通の儀式の時のように手間暇かけてフルサイズで召喚・喚起する必要はない。

象徴の奥にある、元型ともいうべき純粋な精神への限定的アクセスを
瞬時に行うだけだ。
それによって困難に立ち向かう為の適切な精神的状態を得ることが出来る。

象徴に親しみ召喚・喚起作業でその精神に触れていれば不可能ではない。

148 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:30:16 ID:UUoQm2BR0
もし、魔術を喧嘩に戦法レベルで応用するなら、喚起とか具体的な技術より
土壇場でいかに冷静さを保つかという、精神的な基礎能力の方が重要じゃね?
特に、市街での暴力沙汰は「いかに喧嘩に勝つか」という駆け引きよりも
「いかに損害を最小限に食い止めるか」という取り引きができないと後にひくし。
ましてや相手がヤクザなら、向こうはそういう取引で飯食ってるわけだしな。

149 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:32:23 ID:SjcvJp8n0
>>146
ヤクザ相手に瞬時で叩かれる位置にいるのがそもそもの間違い。
催眠術とか論外のレベル。

150 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:33:01 ID:pU3vpp310
>>147
そもそもそんなレベルに達していればアクセスなどせずとも集中力で事足りるがな。
何れにせよ骨と皮ばかりの貧弱魔術師だったらどうしようもないな。

物理には対物理的に対処すべし、といったところか。

151 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:36:14 ID:UUoQm2BR0
なんだろう……現場にいないからなんとも言えんが、努力の方向というか
使おうとする技術の選択というか、いろいろ間違ってる気がする。
ボクシングのプロテストを受ける前日に、相手を消滅させるための戦略核
を購入するための資金を稼ぐごうと求人誌を必死に読んでいるような。

152 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:37:55 ID:SjcvJp8n0
>>150
いや、>>148が言うように事後処理まで考えないと。

そうするとある程度落としどころを考えて適切な形でまとめないといけない。
落としどころによって召喚・喚起対象が違うからね。

何れにせよ、初撃で死なないだけの物理的力と用心は必要だけど。

153 名前: プロビデンス ◆iYQ3SJwj2Q [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:39:28 ID:d1nTVs0U0
読み直すと説明が足りなかった。もうしわけない。
交渉とかメンチ切ってとかそういうのでなくて・・
歌舞伎町でいきなり殴り倒され顔踏まれ続けたとかそういう感じの話。
でもってヤクザ特有の信用にかかわるので逃げる選択肢は無いと。
一度いいのをもらったらもう喚起どころじゃなかったとか。怖いね。

154 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:39:49 ID:UUoQm2BR0
でも、現場で使おうというからには、事前に技を試したりしたのかな?
山奥で動物相手に金縛りの修練とかやった後じゃないと、そういう鉄火場で
使いたくはないな。

155 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:41:26 ID:pU3vpp310
>>151
例え方が変すぎる。

喧嘩に勝つ為に召還・喚起(orその類)を行ってさてどうするか?だろ。
>>139に出てきたのは単なるファンタジー脳だから顔面骨折という授業料を頂戴したわけで。

やーさんに喧嘩売られたら、現実的に考えてどう動けば被害が少ないかor逃れられるかだろ。
すでに変なシチュエーション過ぎるから議論の価値もないわけだが。

156 名前: プロビデンス ◆iYQ3SJwj2Q [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:44:21 ID:d1nTVs0U0
黒野一門はそういう裏の付き合いもありそうだから、ブログで書かれているような実用的な技もあったのかなと。
そういう経緯で尋ねてみた次第で。

157 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:50:54 ID:UUoQm2BR0
>>153
ああ、そういう状況なら魔術だろうとCQCだろうと、そういう状況になった
時点でヤクザの勝ち。
いくら実用的な技持ってようと、北斗神拳を使えようと先手取られた時点で
最悪、殺されてる。

158 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/15(月) 23:58:38 ID:SjcvJp8n0
>>153
不意打ちを防ごうと思ったら、ゴルゴ13とか昔の武芸者みたいに
行動のレベルで自分を制御しなきゃ駄目だろ。

他人を後ろに立たせないとか、
店に入ったら一番目立ちにくいところに座るとか。

召喚・喚起の問題じゃなくて「戒律」の話だな。

159 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/16(火) 00:05:03 ID:lGa4RlrA0
八方目と聴勁で初撃のダメージをへらさんとな・・・
というか、893と関わった時点で駄目な気が

160 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/16(火) 00:14:21 ID:y3x5dr410
「戒律」は重要だぁな。

それと、「危険を事前回避できなかった場合」とあるけども、ヤクザを含めて
みんな格闘のプロじゃないんだから、一回きりの回避判定で全部決まるわけ
じゃなくて、不意打ちする場合でもその不意打ちの前にいくつもの段階を踏ん
でるはずで、ヤクザでもそれは変わらない。
喧嘩に限らず、ある分野の駆け引きに長けてくると、その駆け引きを成功させる
ために必要な段階が、細分化されて見えてくる。
魔術を応用させるとしたら、その細分化された駆け引きの文脈を読み取るあたり
じゃないかな。

161 名前: プロビデンス ◆iYQ3SJwj2Q [sage] 投稿日: 2010/02/16(火) 00:21:45 ID:GN0wHMl70
>>160
なるほど。

162 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/16(火) 00:40:39 ID:CV8TXlZA0
とりあえず宮本武蔵や柳生十兵衛を召喚しようぜw

163 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/16(火) 00:46:42 ID:r48/ulPl0
>>160
準備の段階を捕えようと思ったらやっぱり「戒律」が基本じゃね?

行動の全てから出来るだけ「隙」を無くすことによって、自分に対する
駆け引きの範囲が狭まってくるので察知しやすくなるからね。

なんかもう、魔術というよりは武芸者の世界だけど。

164 名前: プロビデンス ◆iYQ3SJwj2Q [sage] 投稿日: 2010/02/16(火) 01:01:09 ID:GN0wHMl70
島や金女のトラブルでも無い限りまず刃物は出さないらしいんで、やり合うにしても手の早さで畳み込むのが一番大事なんだと。
後はこういう不意打ちに至る流れを>>160の言うよう制すれば問題ないんだろう。って殆ど魔術関係ないな。うん

165 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2010/02/16(火) 01:08:56 ID:y3x5dr410
>「戒律」が基本
だよねー。

>殆ど魔術関係ないな。
そうでもないんじゃないかな。
神秘行に携わってる者は自然と直観や氣の感覚が研ぎ澄まされてくる。
この感覚は、ほとんどの分野の駆引きで役立ってくると思うよ。
そして、その感覚を「入力」できるなら、「出力」もできると考えた方がいい。
なんにせよ、できることは思っている以上にあるはず。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。