スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天使について

以下に転記するのは、2ちゃんねるオカルト板、魔術結社G∴I∴K∴O∴第29スレッドより抜粋した投稿内容である。

以下の内容は、閲覧者自身の判断において利用されたし。

以下の内容で発生したいかなる不都合の責任も、閲覧者自身が負うことを了承されたし。

以下の内容の商業利用に関しては、2ちゃんねるの運営方針に準拠されたし。

以下転記。
471 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/25(金) 16:46:29 ID:Y4tRYWcC0
「天使は空を飛べない」英国の生物学者の研究に批判的な意見が続々。

ユダヤ教やキリスト教、イスラム教で“神の使い”とされる天使。そのイメージを問われれば、宗教画やさまざまな創作物の印象から、
翼を持つ姿を思い浮かべる人が多いのではないだろうか。“神の使い”として地上に舞い降り、また神のもとへと帰るためにも、
翼は必要不可欠なモノとして描かれているが、英国の生物学者の研究によると実はこの翼、空を飛ぶには全く役に立たないのだという。

英紙デイリー・テレグラフによると、この研究者はロンドン大学ユニバーシティ・カレッジで生物学を教えているロジャー・ウォットン教授。
ウォットン教授は先日、学内誌「Opticon magazine」でこの持論を展開し、これまでに描かれた天使を客観的に分析した結果、
「空を飛ぶことはできない」と結論付けた。その中で、「代表的な芸術作品を軽く調べただけでも、飛び立つことはおろか、
力を使っても飛べないことを示している」とバッサリと切り捨てている。

また、天使が空を飛ぶためには「翼が必要ないほどの激しい風」が必要で、それがなければ浮かぶことすらできないという。
人間と同サイズの身体を持った天使では、背中についた翼の大きさ程度では身体を浮かせるには至らず、
例え子どもの天使でも「翼を羽ばたかせるための筋肉が足りない」としている。

同様にウォットン教授は「BELIEVING THE IMPOSSIBLE(不可能を信じること)」というテーマの発表の中で、ドラゴンや妖精などにも言及。
これらも「空を飛ぶことはできない」としている。その上で、空想上の生物・動物などが翼を持つ意味について「空を飛ぶ夢が楽しいように、
翼は“良い精神の象徴”と考えられた」との見方を示した。

いないのだから、空想の世界では何でもできるのでは」「天使が飛べないことは誰でもわかっているけれど、いちいち教授が言うことではない」と、
こちらも手厳しい。天使を信じる人にとっても、現実的な人にとっても、今回の発表は「野暮な研究はしてくれるな」ということなのかもしれない。

http://news.livedoor.com/article/detail/4522065/

ワラタイギリス人の経験主義最高や

472 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/25(金) 17:44:07 ID:CYPRQz7d0
懐かしい内容だなw

473 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/25(金) 17:44:21 ID:i5+8AcRa0
人間と同じ身体の重さという前提かよ

474 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/25(金) 19:10:47 ID:10RGYYrm0
針の先に何人の天使が立てるか?
答えは無限
何故なら天使には質量がないから

という問答をやった神学者がいたように思うんだが

つーか、神学者って暇なんだな

475 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/25(金) 20:01:32 ID:B9fgiAkk0
暗黒天使は北斗神拳を人間に教えた

476 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/25(金) 22:17:11 ID:JCzyQ/TV0
>>471
こんなので給料が出るなんて羨ましいな、英国の生物学者は

477 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2009/12/25(金) 23:06:21 ID:ls/HpGSqO
人間サイズの人間型が翼で飛翔するには
鳩の割合の数倍の胸筋が必要だって聞いたぞ
それこそ肩から足首辺り迄を被うほどの胸筋が
翼も背中に生えた形ではなく両腕が翼の形状じゃなきゃ無理だろう

478 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2009/12/25(金) 23:10:24 ID:ls/HpGSqO
飛べない天使は神の家畜か。鶏みたいだな

479 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/25(金) 23:25:16 ID:XXZTPf+D0
「霧や霞のように密度の小さいスカスカの物質にあたると君の身体はどうなる?
霧をまるでなかったかのように通り抜けてしまうだろう。それが我々天使を君たちが捕らえることのできない理由だ」
「なるほど、天使は実に密度の小さい物質からできているのですね!」
「違う。君たちが薄過ぎるのだよ」

というSFを読んだ気がする。霊格の低い物質界はスカスカな存在だそうで

魔術研究をしている人間からすると天使の象徴を生物学的見地から実在する存在として論理的に解釈する姿が
実に滑稽に映るわけだが、自然科学の人間からしたらシンボルを操作して小径を歩く、なんて話こそ噴飯ものなんだろうね

そしてもうひとつ。ドラゴンは体内に引火性ガスを貯留していると昔から一部のTRPGファンには知られている
このガスが浮力を生みあの巨体を浮遊させている。そうでもないとドラゴン・ブレスの説明がつかない!

480 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/26(土) 01:15:43 ID:5gsFcyoo0
僕と一緒に性魔術をしよう!
下半身からエクトプラズム出すよ?

481 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/26(土) 09:01:25 ID:WmWibs8D0
>>480
逃がさないように業務用掃除機で徹底的に吸い上げるけどいいかい?

482 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2009/12/26(土) 11:29:27 ID:rbYg+YRX0
天使さんは、宗教画の中で間違いなく飛んでいるが、みたことないの?

483 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/26(土) 11:41:22 ID:hDndspfY0
ラノベでもな

484 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/26(土) 11:53:36 ID:3Axh22ab0
天使は飛べる代わりに泳げないんだよ

485 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/26(土) 15:06:46 ID:rbYg+YRX0
霊界の神秘は、比喩や象徴の観念であって、それは理屈や知識や論理ではない。
お馬鹿はこんな簡単なことすら(ry

486 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/26(土) 18:31:44 ID:N0DYe5QF0
数年前に、柱の影に隠れた人の画像が天使だと言われてた。
その柱の影に羽があるとなんとか揉めてたが、昔の天使は羽が無かったとか
って意見もあったな。

487 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/26(土) 19:04:24 ID:EaUfo4hv0
>>昔の天使は羽が無かったとかって意見もあったな。

旧約聖書じゃ天国と地上を行き来するのに梯子を昇り降りしているしな。

488 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/26(土) 19:17:44 ID:VBKW+33DO

つか天使ってもともとはこんなだったり
http://www.slashfilm.com/wp/wp-content/images/ezekiel-vision-merkaba.jpg

せいぜいこんな感じで
http://2.bp.blogspot.com/_YSFRbSpwQO4/Sjptiz8uBCI/AAAAAAAAANc/ZItncfEomdw/s200/ezekiel%27s+wheel.jpg

いまでいえばこうでしょ
http://www.youtube.com/watch?v=AyJfHU4GoOQ


489 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/26(土) 19:44:20 ID:/MIRqdQz0
Autechre かよ(笑)

490 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/12/26(土) 21:05:34 ID:lfVeqE3F0
こりゃいいね
カオス!

491 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2009/12/26(土) 21:38:06 ID:VH536ozmO
後光だとか光輪だとかはサハスラーラチャクラで説明がつくが
羽となるとなんだ、飛ぶためのものじゃなく精神に反応して動くあれか

>>488
それってもろUFOじゃん

492 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2009/12/27(日) 00:47:12 ID:6fpkIpA30
UFOを天子と思うって、宇宙人説か
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。