スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スキルとスタイルについて

以下に転記するのは、2ちゃんねるオカルト板、魔術結社G∴I∴K∴O∴第29スレッドより抜粋した投稿内容である。

以下の内容は、閲覧者自身の判断において利用されたし。

以下の内容で発生したいかなる不都合の責任も、閲覧者自身が負うことを了承されたし。

以下の内容の商業利用に関しては、2ちゃんねるの運営方針に準拠されたし。

以下転記。
83 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/26(木) 23:26:48 ID:2lcu9JiN0
>>80
ポエジーは大切だぞ。イエイツやクロウリーの古くから、
いやルーミーやエメラルドタブレットの古くから、魔術と詩的言語は切り離せない。
http://www.amazon.co.jp/dp/0615181457

今進行中のマニュアル話にも関わってくるのか知らんが、
アイデアと経験知の伝達手段としてベターなマニュアルとは何かを考察することはできるが、
魔術のベストなマニュアルなどという代物ならそれは矛盾でしかないと思うのだが
>>79のいうような教程的マニュアルも、結局はその矛盾に肉薄しつつ距離を保つような危ういバランスが
常に意識されてないと、完璧だけど最悪なマインドトラップになる可能性は避けられないだろう

書く人と読む人の資質の違いが自ずから露になってしまう種類の記述は、
丁寧なポエジーにそっとくるんでおくのがジェントルというもの、
そういう智慧くらべの歴史でもあったのではないかな、魔術と記述の近現代史というものは

横レス失礼

84 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/27(金) 00:13:00 ID:9/o99p6H0
マニュアル繋がりで
達人の一日のカリキュラムが知りたいのです

86 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/27(金) 01:05:16 ID:G3AjwQExO
>>85

つらい時は医者にいってもいく。
それはむしろちゃんとしてる、てこと

87 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/27(金) 01:11:38 ID:G3AjwQExO
>>85

ミスった。

あぁ、いいよな、
てことだ。

88 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/27(金) 09:31:15 ID:TntzCQm70
>>79
教科書というか教程というか、そういうものというのは理解しているよ。
でも、>>83の言うところの記述の細かさのバランスの問題は簡単ではないと思う。
(だからこそ、そういうレベルの良書がなかなか出ない訳で・・・)

手取り足取り教える所謂マニュアル的な教科書にも
殆ど項目名しかないような教程にも、それぞれ利点と欠点がある。
問題は学習レベルに応じた練習問題や課題の与え方だと思う。

自分自身や周囲の迷惑を覚悟した上で願望達成術や召喚魔術を行う
というのはOTJとしては良い課題なんだが、>>76が指摘しているように
モチベーションと覚悟が無い奴には向かないな。

長尾豊の「英語は魔術の家庭教師」の中で紹介されていた
_Experimenta_Magic_という入門書に、日本でいうところの1000円
くらいの感覚のお金を願望達成術でゲットする、という訓練があったが、
そういう後ろめたさが少なくて尚且つ成功したらラッキーと思う程度の
「掛かり稽古」的な課題集というか問題集があると面白い気がする。

勿論そういう小さな課題は色々な魔術入門書で紹介されていると思うが、
色々と集めてレベル別に整理すると、「標準魔術問題集」みたいのが出来ないかね。

89 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/27(金) 10:52:20 ID:G3AjwQExO
>>88

各問題毎にいろんな流派の達人の考察や参考書籍が
コラムぽく載ってたら読み物的には楽しいな

帯に「変人に学ぶ問題解決力」くらい書いておけば
オカルト以外の一般読者にも受けそう

90 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/27(金) 13:04:24 ID:+8jeTqEN0
グレイの本がよくわからないんですが、達人レベルになったら
あのタロットと生命の木の照応でやんなきゃいけないんでしょうか。

91 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/27(金) 19:06:57 ID:QUQxHb4f0
>>90
そーゆーことは貴方が達人になってから
じっくり考えればよろしいのではないでしょうか?

92 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/27(金) 19:19:06 ID:+8jeTqEN0
質問が悪かった
あの照応ってなんなんでしょうか

94 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/27(金) 22:57:16 ID:DtwfehEs0
無の書などにあるような凝視の訓練をやっていて起こる現象というのは
メガネをかけていても起こるものでしょうか?思考を止めて集中していると
対象が大きく見えるようになり云々という話なんですが

95 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 00:41:22 ID:k3TjcsyMP
>>88
Experimenta Magic面白そうだな、と思って調べたら
著者が子供の頃大好きだったゲームブックの作者だった

そういやあの人オカルト本もいっぱい書いてるって載ってたなあ……

96 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 01:23:11 ID:kFecvsZ9O
>>94

起こる。
しかし外した状態でやるほうがよい。
神経回路の再刷り込みにあたり、
メガネごと刷り込む必要はない。

97 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2009/11/28(土) 02:26:51 ID:g1JFly+aO
脳内世界乙

98 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 05:32:53 ID:7V+8/9IQ0
>>97
激しく同意

99 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 10:18:17 ID:FrnfTlSj0
練習問題とか課題…俺と魔術の捉え方が違いすぎる

GDでやっていた程度の知識面や簡単な実践のチェックなら分かるけどな

簡単な願望達成術をやってどないせいちゅうや。
意識に従って外界を変化させるという意味では、儀式とかおまじないをしなくても、ほんとに金を手に入れようと意欲して、働いて、金を稼ぐこれも魔術。
より効果的な魔術があるのに、わざわざ迂遠な「儀式」魔術で達成させる必要も感じない。
必要を感じないから「意志や欲求」も動かないし、そもそも、それが魔術の目的、例えば真善美の追求とかに資するところがあるのかも分からんがな。

100 名前: 94 [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 11:17:06 ID:a+K4QQyU0
>>96
なるほど、ありがとうございます。

101 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 12:08:52 ID:BjfUHVvs0
>>99
まぁ、何が資するかそれこそ分からないし
実践者の数だけやり方があってもいいとは思うね
練習問題やら課題なるものが妥当かは別として

というか、俺も不要だと思うけど

102 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 12:14:41 ID:CCNlxe5e0
>>99
魔術的世界観に沿って物事をどう見てどう動かすのか?
ということを体感する良い訓練になる。
複数の要素を同時に考慮しなきゃならないから>>45がいうところの
ダイナミックな木の捉え方を考える良い課題にもなる。

魔術的世界観や能力をどう使っていくのかはその人の目的次第だが、
練習問題を経験することで良いシミュレーションができる。

実生活では最も効果的な手段を使えばいいが、
魔術的な感性を魔法の粉のように実務的手段に振りかけて使うと
効果のアップにつながることが多いし、何よりも楽しくなる。

103 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 12:31:34 ID:+tovYjsVP
>>99
初心者なんですが
GDってそんなに知識面や実践面で頼りないんですか?

104 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 13:45:15 ID:CCNlxe5e0
>>88の訂正
_Experimental_Magic_
エルが抜けてた。

著者はJ.H.Brennan
ttp://en.wikipedia.org/wiki/James_Herbert_Brennan

>>95が書いているように多数のゲームブック本の著者で
SOLの設立にも関わった英国魔術界の重鎮。

105 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 13:54:58 ID:nusXUGnC0
>>88
>>95
Experimenta"l" Magic
のことでしょうか?

106 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 13:57:06 ID:nusXUGnC0
>>105
投稿が行き違いになりました m(_ _)m

107 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2009/11/28(土) 20:08:43 ID:7V+8/9IQ0
俺解釈な魔術というのは一人オナニーてやつな。
俺正義ということ、正しいと思っているのは俺であり、
それは俺知識(俺の秘蔵魔術書)が綺麗にコレクションされているからこそ
俺がスゲーと錯覚しているだけ。

で何ができるか?何も出来ない。自分でそれを理解しているから
さらに幻想の世界で自分を称える。
まあダメな奴は何をやってもだめってこと。

108 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 20:27:24 ID:kUqUNftm0
一人オナニーって、オナニーは一人でするものじゃないの?

109 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 20:37:12 ID:qa9nvgLZ0
>>108
オカズも自分なんだろうさ

110 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 20:38:34 ID:wcLJPMqH0
セルフバーニングだな

111 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 21:06:02 ID:1ulnel0a0
集団オナニーといえば犬儒派

112 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 21:11:56 ID:kUqUNftm0
オナニーは性魔術の基本だよね

113 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 22:10:50 ID:1Ruf/A5S0
>>99
「呪うより殴った方が早い」式の前時代的常識入ってない?

>儀式とかおまじないをしなくても、ほんとに金を手に入れようと意欲して、働いて、金を稼ぐこれも魔術。
これもある種の定番フレーズだけど、そんな極論は脱魔術にしかつながらないと思うよ。それも悪いとは思わないけどね。

俺が「練習問題」のアイデア面白いなと思ったのは、DSで漢検やTOEICの勉強したりとか、あーゆーノリのMAGICK版として。
あなたはそこそこキャリアのある実践者かな?と想像するけど、ご意見としては拝聴いたします。


114 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 22:34:28 ID:HCVo8O6L0
>>113
ラノベ氏あたりが書きそうだよね

115 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 22:35:57 ID:1Ruf/A5S0
>>99
>必要を感じないから「意志や欲求」も動かないし、そもそも、それが魔術の目的、例えば真善美の追求とかに資するところがあるのかも分からんがな。
俺的にはそんなの「意志」とは呼ばないよ。
それと、あなたの言う「真善美」は誰が仰ったもの? 俺的にはあやしいポイント多すぎだ。
ちょっと前のレスに「生命の木の編集権」て言葉があったと記憶するけど、
…妙な力を抜いてこのへんに向き合えるコンディションをつくるためにも、問題集って役に立ちそうに思えたけどね。
あと、生命の木のウィキペディア化とかな。

116 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 22:55:27 ID:kUqUNftm0
稲葉君は何で専用スレから出てくるの?

117 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 22:55:35 ID:BjfUHVvs0
>>115
> 生命の木のウィキペディア化とかな
ああ、稲葉くんがそんなことを以前提案していた気がするな
煽りで無しに、本気ならぜひやってみたらいいと思うのだけど

118 名前: 115 [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 22:56:43 ID:1Ruf/A5S0
>>115の
× 生命の木の編集権 

○ 万物照応表の・・・
でした。逝ってきます。

119 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 23:00:57 ID:1Ruf/A5S0
>>117
あら、それは知らなかった。
失礼しました。 < 稲葉くん

120 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 23:20:54 ID:L38g/36O0
なんでもかんでも稲葉君乙で潰されるのもかなわんな

121 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 23:39:58 ID:kFecvsZ9O
>>114

羅部氏と書くと物部氏みたいでカッコいい

122 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/28(土) 23:59:41 ID:k3TjcsyMP
>>104
> >>95が書いているように多数のゲームブック本の著者で
> SOLの設立にも関わった英国魔術界の重鎮。

マジですか。全然知らなかった
オカルト本のタイトルがどれもこれもよくある感じだったから、
そんな本格的な魔術師とは思いもよらず。びっくりだ……

123 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/29(日) 08:13:52 ID:e8NHKPft0
よし、14へ行こうか。

124 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/29(日) 11:03:32 ID:9ZbPVM0S0
実はゲームブックのシステムってSOLで採用されていた
何かのシステムだった・・・とかいうことはないよね?
ピップとエクスカリバーJr.・・・
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。