スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹の照応について

以下に転記するのは、2ちゃんねるオカルト板、魔術結社G∴I∴K∴O∴第29スレッドより抜粋した投稿内容である。

以下の内容は、閲覧者自身の判断において利用されたし。

以下の内容で発生したいかなる不都合の責任も、閲覧者自身が負うことを了承されたし。

以下の内容の商業利用に関しては、2ちゃんねるの運営方針に準拠されたし。

以下転記。
37 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 13:28:55 ID:NeiLB5cs0
前スレでジェラルドシューラーの本は読まない方がいいとか出てたけど、
そうなん?
タイソンのビギナーの方がいいの?

38 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 16:34:45 ID:8xyYp48rO
>>36
初学者なので身体を温めることくらいしか…

そもそも、それがエーテルによるものかも分からないけどw

40 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 18:38:21 ID:MN2BY27l0
>>37
大損よりは集等ぁの方がマシ。ただし1冊目。

薄くてよくまとまっているのでカンペ代わりになる。
邦訳された2冊目よりも何故1冊目を訳さなかったのか疑問。
ページ数が少ないからだろうか。

実践を考えるなら、上記のものよりも、少々厚いがLon Milo Duquette
のエノク本をお奨めする。

41 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 18:52:37 ID:NeiLB5cs0
ええー
読まないほうがいいって言われる人の本よりダメなの、タイソンのエノクの本・・・
買おうと思ってたのに。
シューラーは国書の読んだら1冊目必須と書いてあったので萎えた

42 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 20:43:59 ID:IijX5Naw0
>>40-41

一冊目は基本的に、黄金の夜明け魔術全書の下巻でカバーできるということじゃない?

おれは、監修者がKnightを選出しなかった方が不思議。昔あんだけ必読といっていたし、神秘のカバラーや石榴の園がそれなりに刷りを重ねていることに鑑みれば、売れ筋だろ、常識的に考えて。

現代魔術のくくりでウォンのカバラ的タローがOKならKnightも現代魔術でOKだと思うがな。

俺は、メル友の某所管理人提唱の「監修者、実は生命の木中心の魔術的カバラ蔑視説w」に傾きかけてるけど、お前らはどう思う

43 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 21:03:45 ID:MN2BY27l0
>>42
Knightはなあ・・・黄金の夜明け魔術全書ならともかく現代魔術の枠だと、
マニアはともかく一般向けにはインパクトが弱いと思う。

良い本なのは間違い無いよ。

タロット関係の本はある程度売れ行きが見込めるから
ウェイト、クロウリー、GDの3つのポピュラーなタロット比較本みたいなドル箱は
シリーズに入れておかないと商売にならないだろ。

無の書がある程度売れたとはいえ、
早く出さないと資金の回収が難しくなるぞ>国書
鏡氏の問題なのか実質上の訳者の問題なのかしらんが・・・


>一冊目は基本的に、黄金の夜明け魔術全書の下巻でカバーできるということじゃない?

そんなこと言ったら不要な魔術入門書は沢山ありすぎるw

あの薄さに纏まっているからよい、という本であるのは否定しないけど、
初心者が黄金の夜明け魔術全書の下巻からあのまとめができるかというと
無理だろ。

シューラーの本は1冊目が出た時は類書が無かったので、
当時はそれなりの価値はあった。
今はDuquetteとかFr.WITとかのエノク魔術本があるから別に
必読ではないな。

44 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 21:12:40 ID:MN2BY27l0
>>42
> 「監修者、実は生命の木中心の魔術的カバラ蔑視説w」

蔑視というよりは源流を追っている感じだとは思う。
魔術的カバラの底が浅いのは多少勉強すれば判る。
正直な話、枠だけだし。

じゃあカバラの源流を追えば良いかというと・・・微妙な話だなー。

45 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 21:50:28 ID:IijX5Naw0
>>44

>魔術的カバラの底が浅いのは多少勉強すれば判る。

ある意味正しいけど、ある意味違うと思うぜ。
昔、俺も多少勉強してそう思っていたけど、今は間違っていたと分かった。
魔術的カバラは実は2段底以上だよ。枠をどうやって満たしていくかで、底が浅いかどうかが決まるぜ。

俺にそれ教えてくれたのは蔑視説のメル友。
そいつは海外の通信講座とってるやつなんだけど、メールで話して俺もすげえ奥深さに感動した。

そいついわく、
「万物照応で777の表を見て喜んでたら、だめ、絶対だめw
あんなの死体。もっとダイナミックに木を捉えなきゃ。
木は活きてないとだめだし、活かさないとだめ。
自分も木で考えて、木で感動して、木で生きないとだめ。
そうしないと木も活きない。」
だそうだ。

タローを使った話はもちろん、パスの配置の関係、不可視の小径、木による心の働きに対する考察とか、そいつの話は確かにダイナミックで、木が活きてた。

カバラの源流を追えばよいかは、俺もびみょーと思う

46 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 22:03:26 ID:k40ys8hG0
>>36
俺はたった一杯の液体で体温を2度上げられる
天性の能力でだ

47 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 23:14:57 ID:MN2BY27l0
>>45
>「万物照応で777の表を見て喜んでたら、だめ、絶対だめw
>あんなの死体。もっとダイナミックに木を捉えなきゃ。
(以下略)

それは当たり前の話だろ。
ここで問題にしているのは、本当にそれで良いのか?っていう問題じゃないの?

要は、カバラの修正主義的な面、『捏造』をし易い性質を積極的に
使っていくかどうかって話だと思うが。
777はあくまでもGDの連中が箱に分類した個別の要素を
クロウリーが綺麗に整理整頓したもので、あれだけ暗記しても何も効力はない。

生命の木という枠組みを用いて様々な事象の成り立ちを分析的にとらえ、
何をどうしたら物事が変化し動いていくのかという思考と感覚の連想の仕組み
を心の中に作り上げ、それを元に行動できるレベルまで錬成できて
初めて意味が出てくるもの。魔術儀式はその為の方法の一つに過ぎない。

問題点は、それが生命の木という枠組み以上の意味を持たないということだ。
「木」をその骨格とし錬成によって育ったメカニズムの骨格以外の肉付けは
あくまでも個人的なものだ。(「木」も一つの観点に過ぎないが、それはまた別の問題。)
何故ならその肉付きの基礎となるのはその人の人生における経験や学習によるものだからだ。

結局のところ、その人個人の物語を現実の世界に引き下ろす事が魔術的カバラの目標になってしまう。

大魔王がやろうとしているのは、枠組みとしての「木」以上のものをカバラの源流たる
ユダヤの伝承やそれに基づいた密教的手法を魔術に持ち込もうとする試みだと思う。

しかし、それを個人の宗教の自由に反しない形で導入できるか、
或いは、それが生命の木の枠組みだけの個人起点の物語よりも本当に優れているのか、
と言う意味では難しい問題じゃないかと思う。

48 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 23:31:27 ID:MN2BY27l0
>>47の補足だが、要は個人とそれ以外との世界との折り合いの付け方なんだ。

クロウリーはその辺かなり自覚的であり、彼が霊感を得て記したとされる
法の書を元にしたThelema哲学を魔術と共に打ち出す事で
一つの実践哲学体系を作っている。

GDやクロウリー以降では、現代哲学を持ち出す人もいれば敢えて他人との繋がりを無視して
個人的利益の追求をひたすら行う人もいる。

昔々、そういう世界観と哲学は宗教の範疇だった。
ユダヤ密教的手法を導入するのは、長年の年月によってこなれた世界観と哲学の
エッセンスを導入することになる。

歴史と修正を経てバグの少なくなったプログラムは良いかもしれないが
時代遅れかもしれない。或いは現代に合うように修正できるかもしれない。

でもその善し悪しはどうやって判別するのか、誰にも判らない。

50 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2009/11/24(火) 23:59:44 ID:Ietez7ZP0
個人的にはそこの間隙に禅を推したいが、西洋魔術の問題なんだよね
Thelemaの再解釈ではちと苦しいし、なんか旨い手があればいんだけど・・・

> 歴史と修正を経てバグの少なくなったプログラムは良いかもしれないが
時代遅れかもしれない。或いは現代に合うように修正できるかもしれない。

例えば納豆を嫌う奴は居るものの、味噌汁を時代遅れだと論じるやつは
会ったことがない・・・と妄言を吐いてみる

樹の話なのに横レスで失敬
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。